自販機設置希望から見積もり、設置とその後までを分かりやすく紹介するサイト

>

自販機設置に向けた実際の流れ

設置に向けてまずは「業者と相談」

まず、導入できる自販機には2種類あります。
それは、飲料メーカーによる直接販売と、各メーカーの飲料をオールマイティーに取り扱っている自販機業者と契約するタイプの2種類です。
前者はメーカーならではの安定供給がウリで、後者は多彩な商品ラインナップが強みです。
自販機設置業者のサイトに行き、問い合わせダイヤルに電話をしましょう。
すると、オペレーターが各地域の営業担当に連絡し、その営業担当から電話が来ます。
営業担当は各地域の自販機台数や種類、売上、設置手続き等を把握しているので、まずは青写真程度でも、思いついたことは何でも相談しましょう。
相談内容に迷う場合は、まず「設置する場所」は必ず伝えるようにしましょう。
設置場所によって、設置する自販機の種類も数も大きく変わってくるためです。

設置予定場所で「見積もり」をしよう

営業担当とある程度話を詰めたら、営業担当と設置予定場所で「見積もり」
を行う段階に進みます。
見積もりで何を確認するのかというと、
・そもそも希望場所に設置できるのかの確認
・周辺地域の地理的状況と、他自販機設置状況
・上記から予想される売上
といった点が主な確認事項です。
自販機設置業者も利益を出さないといけないので、余りにも人通りが少ない場所や、周囲が既に自販機だらけの場所などといった、売上がほとんど見込めないと判断した場合は、自販機設置を断られる場合がある事は予め理解しておかなければなりません。
ただ、設置業者も断っておしまいということはなく、設置場所の再検討などを提案してきます。
そのため、見積もり前には、設置場所の候補を複数用意しておくと良いかもしれません。
こうして、業者が作成した設置・運営プランを検討し、必要に応じて修正し、最終的な設置契約に至ります。


この記事をシェアする